北九州市小倉北区の萬納寺医院。内科、血液内科、小児科、皮膚科

  • HOME
  • 皮膚科診療案内
皮膚科診療案内

お肌に関するトラブルはお気軽にご相談ください。

一般的な皮膚科診療はもちろん、ひとりひとりの皮膚の状態に応じた外用指導やスキンケア指導などを行い、乳児から成人まで幅広い年齢層の方々の皮膚のお悩みにお答えしたいと思っています。

皮膚科

当院の皮膚科では、湿疹・かゆみ・アトピー性皮膚炎・ニキビ・真菌感染症(水虫)・虫刺され・ケガなどのお肌のトラブルを幅広く診ています。これらの皮膚疾患の中には、詳細な検査をしないと分からないものがあるため、真菌検査や皮膚の生検を行うことがあります。

治療は、患者さんの皮膚の状態に合わせて、保湿剤やステロイド剤など各種外用薬を使い分けます。また、必要に応じて凍結療法(液体窒素)や切除手術などを行います。年齢層にかかわらず診ておりますので、小さなお子さんがいる親御さんやお年寄りの方もどうぞお気軽にご相談にいらしてください。

ニキビ

ニキビ治療は、患者さんの体質や年齢によって異なるため、自由診療・保険診療のどちらにも対応できるようにしています。また、ニキビの改善具合に応じて、漢方薬の服用を勧めたり、体質改善を提案したりします。どんなに薬を塗ってもニキビがよくならないなどのお悩みがありましたら、ご相談いただければと思います。

湿疹・かゆみ

湿疹やかゆみで悩む患者さんは、年齢層に関係なく多くいらっしゃいます。原因は、汗疹や虫刺され、オムツによるかぶれなどとさまざまです。特にお子さんへの診療は医師自身が子育てを経験してきたため、お子さんへの対応方法やスキンケアの注意点などをアドバイスすることができます。

美容皮膚科

当院では、しわやくすみ、ニキビなどの美容的なお悩みにも対応しています。お肌のお悩みは患者さんによって考え方が変わりますので、まずはお話をお伺いできればと思っています。

皮膚科で実施している主な検査

皮膚科で実施している主な検査

皮膚生検

発疹部の皮膚を局所麻酔下に一部切り取り、顕微鏡で診断などを行います。

真菌検査

顕微鏡で皮膚病変の原因となる真菌(カビ)などの有無を確認します。

皮膚科で実施している主な治療

皮膚科で実施している主な治療

各種外用剤

ステロイド剤、免疫抑制剤、抗真菌剤、保湿剤など

凍結療法(液体窒素療法)

ウイルス性のいぼに対して行います。

水いぼ(伝染性軟属腫)摘除

痛みへの対応として麻酔のテープを1時間ほど貼った後、ピンセットで摘み取って除去します。

手術

ほくろやアテロームなどの良性小腫瘍の切除(日帰り手術で行えるもののみ)